プロフィール

高野 進(たかの すすむ)

  • 1961年5月21日生まれ 57歳
  • 東海大学 体育学部 教授
  • 特定非営利活動法人日本ランニング振興機構理事長
  • 日本スプリント学会 会長
  • 東海大学陸上競技部   監督 短距離コーチ
  • 400m44秒78の日本記録保持者
  • モットーは「動いて・考えて・また動く」
  • 趣味は写真
専門分野
  • 専門:スプリント ランニング 健康運動
  • 学問領域:コーチング学 スポーツ心理学
  • 担当授業:トレーニング論 競技スポーツ入門 コーチ・トレーナー理論及び実習B  コーチ・トレーナー演習1・2 他
  • 所属学会:日本スプリント学会 日本体育学会 日本コーチング学会
経歴
  • 21歳 インドアジア大会400m優勝
  • 23歳 ロサンゼルスオリンピック400m出場 ベスト16(準決勝)
  • 25歳 東海大学体育学部卒業
  • 25歳 ソウルアジア大会400m優勝(45秒00で当時の日本記録樹立)
  • 27歳 東海大学大学院修了
  • 27歳 東海大学体育学部講師として就職
  • 27歳 ソウルオリンピック400m出場 ベスト16(44秒90で当時の日本新記録樹立)
  • 29歳 北京アジア大会200m優勝(日本人初)
  • 30歳 日本選手権で44秒78で現在の日本記録樹立
  • 30歳 東京世界陸上決勝7位
  • 31歳 バルセロナオリンピック400mで8位入賞(60年ぶり2人目)
  • 33歳 渡米し、アリゾナ大学で1年間の海外研修
  • 34歳 帰国後、体育学部講師の傍ら、陸上部の短距離コーチとなる
  • 39歳 末續慎吾がシドニーオリンピックに出場、先輩の伊東浩司とともにベスト16に進出
  • 40 歳 釜山アジア大会で末續慎吾が200mで優勝
  • 42歳 パリ世界陸上で末續慎吾・宮崎久が代表となり、
  • 末續は200mで3位、日本短距離史上初のメダル獲得
  • 42歳 ミズノ スポーツメントール賞 ゴールドを受賞
  • 43歳 アテネオリンピック日本代表コーチとして末續慎吾、山口有希らを連れて参加、両リレー共に史上最高順位となる4位入賞
  • 44歳 ランニングの創造とアスリートの自立支援を目的に、ラスポート株式会社を設立
  • スポーツカフェレストラン・Lap Time (ラップタイム)をオープン
  • 45歳 ラスポート株式会社をアスレティクス・ジャパン株式会社へ社名変更
  • 46歳 日本陸連 理事・強化委員長に就任し、大阪世界陸上日本代表チームの監督を務める
  • 47歳 北京オリンピック 陸上日本代表チームの監督を務める
    愛弟子 末續慎吾・塚原直貴がメンバーである4×100mリレーでは3位となり、トラック種目で日本男子初のメダルを獲得
    陸上競技の強化と普及活動を目的とした NPO法人 日本アスレティクスアカデミーを設立
  • 48歳 ベルリン世界陸上日本代表チームの監督を務める
  • 50歳 テグ世界陸上日本代表チームの監督を務める
  • 51歳ロンドンオリンピック 陸上日本代表チームの監督を務める
  • 53歳平成26年度 文部科学省生涯スポーツ功労者表彰を受ける
    平成26年度 日本学生陸上競技連合功労章受章
  • 53歳香港陸上競技連盟短距離アドバイザーコーチ就任
  • 57歳 IAAF世界リレー(IAAF World Relays)」の第4回大会組織委員
著作
  • 『RUNNING FASTER 高野進のニュー・スプリンティング・コンセプト 第1巻 技術編』(指導・解説:高野進、ジャパンライム、1998/8、DVD)
  • 『RUNNING FASTER 高野進のニュー・スプリンティング・コンセプト 第2巻 トレーニング編』(指導・解説:高野進、ジャパンライム、1998/8、DVD)
  • 『子どもの運動神経をよくする 足が速くなる!さか上がりができる!』(赤羽綾子(共著)、新星出版社、2006/8)
  • 『高野進流 日本人のための二軸走法 スプリント革命』(スキージャーナル、2007/5、ISBN 978-4789961578)
  • 『走れ!ニッポン人 一億三千万総アスリート計画』(文藝春秋、2007/11)
  • 『陸上 短距離走パーフェクトマスター(スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)』(新星出版社、2008/10)
  • 『かけっこの科学(高野進のスポーツ科学講座)』(学研教育出版、2010/3)
  • 『動いて、考えて、また動く』(光村図書刊小学校4年生用国語科教科書のための書き下ろし)
高野ランニングゼミナール